2014年6月23日〜13日 金沢市 大桑町

金沢市大桑町の住宅街。

中途半端な長さの
ネットが軒先にあります。

グリーンカーテン?
でも上から1mです…

ツバメの巣を守るため
お宅の方が吊るしたネットだったのです。

こうしておけば、
カラスに狙われることが
ないそうです。

白坂さんの友禅工房。

スケッチから下絵の前の
「当たり描き」という作業の最中でした。

一枚の着物・反物が出来るまでに
当たり描きを100枚作ることも。

彩色は筆を使いますが、
ぼかしは刷毛で行います。

にじまないために
すぐに乾かす必要があり、
裏からコンロの熱を当て、
熱い中での作業です。

工房には懐かしい黒電話。
しっかりつながります。

形・色も魅力ですが、
ダイヤルをひとつ回す度に
相手に近づく感覚が
お好きだそうです。


住宅の解体作業中の
業者の浜田さんです。

「手壊し」が専門で、
バールやのこぎりなど
道具類はシンプルです。

実況:塚田誉
   「壁板に打ち込んだ!
     バールを引いた!
     はがれました!
     どうですか親方?」
解説:浜田さん
    「うん、グーですね」


がけの階段を上り、
県道の脇の住宅街へ。

庭の手入れをしていた中村さんです。
ブルーベリーはまだ
食べられませんが…

去年作ったジャムを
味見させて頂きました。

酸味はほどよく、
甘味がしっかりして
美味しく頂きました。

玄関前の水槽に、
大きな白いコイです。

体長30センチほどで、
リュウキンのような
長いヒレを揺らします。


小屋の角を登る男性。

うかがってみると
洗濯物を干すフックを取り付け中とのこと。

お向かいがご自宅で、
石灯籠が見事です。

庭は30年かけて、
ご自分で整備しました。

手作りの小屋には、
イルミネーション。
庭を一周できるそうで、
ついていきます。


 ・高低差のある踏み石でハラハラします。
 ・苔蒸した巨大な庭石!
 ・横長の顔の地蔵様!
 ・十三重の石塔に   目を見張ります。

 ・幅が狭い踏み石と、
  迫る隣家の壁の息詰まる緊張感!


まるで冒険ツアーです。
庭が好きなので、
手入れ用はさみを腰に、
毎日回るそうです。


アポなしの旅人にも
優しく相手をして下さった
大桑町の人たちです。
 
≫ MAPに戻る