2014年7月7日〜11日 金沢市 涌波

金沢市涌波の住宅街。

日吉神社にお参りし、
さまよっていると…

一般住宅と思えない
高い煙突を発見。

陶芸教室も主宰する長谷川塑人さんの
ご自宅兼工房でした。

この窯はレール付き。
大きな作品も簡単に
引き出せます。

ろくろ使いの実演です。
左足で蹴りながら、
スムーズに回します。

塑人先生の指の間で
土に命が生まれます。

塑人先生の作品には、
目の無い妖精が 描かれています。

見た人が作品に
参加するためです。。

私も陶芸体験します。

 ・ろくろは宇宙である。
 ・土は母である。
 ・エラーこそ温かい。

多くを学びました。


帰宅したばかりの高校生。
姉弟と、お姉さんの友達。

テスト期間なので、
早く帰ったそうです。
弟さんに聞きます。
まだテストは続きます。
帰って何をしますか?

「家でぐーたらしてます」

正直な答えですが、大丈夫かなあ。


壁のハンドル。

触ってみましたが、全く動きません。


近所の方に 聞いてみました。…

昔、消防車についていたサイレンを
消防団から もらったそうです。

一度も使わないまま使えなくなりました。

これも平和の象徴かも。


玄関先の庭の植え込みに
「ナナ」「モモ」という
文字の描かれた石を発見。

他にもいくつか作品が
あるようなので、訪ねてみました。。

小学生の姉妹、
奈々さんと苺々さんの 作品でした。

自然の石ころに彩色した
オリジナル作品です。
モモさん作のケーキは
巨大なイチゴ付きです。


デイサービスの入口に
多くのぬいぐるみ展示が。

こちらの施設の利用者は、
手芸に打ち込んでいます。

完成度が高くてびっくり。

職員の方と協力して、
多くの作品を作ります。

癒しや生きがいになり、
注文を受けることも。

孫の結婚式で使うための
イヌの夫婦のぬいぐるみ。

肝心のお孫さんより先に
HPを見た東京の人が
注文してきたそうです。


ご自分の半生を描いた
布絵本を製作する人も。

アーチストたちと出会う町。


涌波は、縁も「湧く」町。
 
≫ MAPに戻る