2014年9月22日〜26日 金沢市 白菊町・千日町


野町との境界線ぎりぎり。

白菊町(しらぎくちょう)には
旧五十人町があります。
足軽が50人住んでいたことに由来します。

美容室「美&FRIEND」

壁を覆う幅10m近くの
グリーンカーテンが見事。
ゴーヤ、ヒョウタン、カボチャと実がなる植物。

5月頃に準備しました。…

出村製材所が製造・修理
している「パレット」です。

繊維工場などで、
製品をリフトに乗せる台です。
昔は何軒も材木店があった地域です。


山本瓦店には、
家紋などを彫った 瓦の見本があります。

型に粘土を押し込み、焼いて作ります 。
近所の瑞泉寺で、
山本さんの瓦を探します。

井波彫刻の技が生きた
透かし彫りがあり、見応えありましたが…

瓦はありませんでした。

金沢・白菊町の瑞泉寺ではなく、
富山県 南砺市の瑞泉寺の瓦の
ことだったそうです。

「生きるという事は、
 思い通りにいかないとわかるということ」。


娘さんが来月にご結婚。
お祝いのために訪れたお客様ご家族でした。

「おめでとうございます」
でも、花嫁の父の
心境は複雑のようです。


鷲尾さんは元国鉄職員。
機関士や助役を務めました。

玄関には、鉄道模型や、
ミニチュアの制帽が置かれていました。

憧れの機関士になり、

腕章・点検用ハンマー・懐中時計を、
枕元に並べて寝ていたそうです。。

夕方でお忙しい鮮魚店
中川商店さんにお邪魔。

焼き魚などすぐにおかずに
なるものも多く扱い、配達も。

地域交流しながらの商売は「楽しいぞ」。

ご主人は人気者で、
下校中の女の子とおばあちゃんも
気軽に声をかけます。


温かい出会いが続く
白菊町と千日町でした。
 
≫ MAPに戻る