2014年10月6日〜10日 金沢市 片町

ついにこの日が来た!
金沢市片町!
北陸一の繁華街!

手持ちで最も華やかな
ピンク色の服で取材!

午前の片町で行き交う
配達の酒屋さんです。

契約先のお店に行き、
空のビンを回収し、
新品を冷蔵庫などに納めるそうです。

束になっているカギで、お店に入ります。

店名が書いてなくても、
どのビルのどの店か、
業者の方には分かっているのです。


犀川の河川敷を歩く男性です。

ビル清掃の仕事を終え
川べりを歩きます。

散歩仲間との挨拶も 楽しみのようです。

犀川寄り、旧町名は
元五枚町(もとごまいまち)。
豆腐の値段が一丁
銀貨5枚分だったことからついた町名です。

町会でイベントをしたそうです。

その奥に進めば
伝馬町(でんままち)です。

看板を見て、町のお宝を探すことにしました。

大野庄用水はすぐ発見。
足元を流れる豊かな用水です。


染元・平木屋さん。

味わい深い町家建築は
100年以上経つ登録文化財です。

ソバ屋さんと間違えて入ってくる人も。

着物ではなく
暖簾、のぼり、旗などを 染めています。

以前は犀川や用水で
糊落としをしていました。

町のお宝のひとつ、
片町の天神様を探し、
大野庄用水沿いを歩いていると…

ビルの1階に鳥居が!


小橋菅原神社は、
旧大和の建設のとき、 移転してきました。

朱の柱や梁が美しく、
ちょうど秋祭りで 神楽が流れます。

新天地地蔵尊です。
お参りし、由来書を 読んでいると…

私、邪魔でしたね。

神奈川から来た女性、
ディープな金沢の 写真を撮影中です 。

「串KATSU」という
分かりやすい名前の お店ですが…

「串カツはやめました。
 いまは鉄板焼きだけ」

やはり個性的でした。


100年前から変わらぬ輝きの
金のふすまです。
中心に座ってみます。

年賀状の写真にちょうど良いかと。

大正から昭和初期のガラスが使われた窓も。

その向こうには旧ラブロ片町の再開発。


新旧の片町が交差。
知らない事ばかり。
 
≫ MAPに戻る