2014年11月3日〜7日 金沢市 尾山町


尾山町といえば、
尾山神社です。

鳥居の前で挨拶して
失礼するつもりでした。

白銀幼稚園のお散歩。

尾山神社を抜けて、
しいのき迎賓館まで
紅葉を見に行くそうです。

おじさんは、あやしくないよ。

天井から下がる木の棒。

シャッターを引き下ろすためのひもでした。

「この先にわら細工の名人がいますよ」。


わら細工の田中さんは、
本業の内装の先生として
お勤め先の学校へ出勤中。

親切な奥様が
対応して下さいました。

玄関がギャラリーで
カメやツル、宝船、しめ飾りやわらじなどが
所狭しと並んでいます。

奥様のご実家から、
わらを調達しています。

木製品も製作します。
金沢の中心街のアルプホルン。
田中さんの作品です。

私には羊飼いのように
吹けませんでした。


縁に感謝して、改めて
尾山神社に参拝します。

七五三の沙楽ちゃんは、
恥ずかしがり屋ですが
優しいご家族に囲まれて幸せですね。

金沢検定受験のため、
尾山神社を取材中の天谷さんです。

元進学塾の塾長で、
生涯勉強を続けようと
全国のご当地検定を受験しています。

記録を見せてもらうと
2008年3月からの
挑戦の歴史がずらり。
全部で52の検定、
その8割以上で
合格しています。


ネーム、かけつぎの店
「あらやネーム店」の高田さんはこの道50年。

運動部のユニフォームや
企業の制服などの
名前刺しゅう入れを多く扱うそうです。

高田さんは手作業!
下書きはありません!
一筆書きにして、余分な糸を外します。

筆跡がそのまま仕事になるので、
達筆でないとできない仕事です。
私のジャケットにも、
ネームを入れてもらいました。

太い部分、細い部分の「とめ」や「はらい」など、
躊躇なくスムーズです。

新しいランドマークが、
金沢商工会議所です。

2014年5月にリニューアル。
大きなガラスの壁に
対面の金沢城の緑が映っておしゃれです。

一番広い会議室の天井。
羽板の間に隙間が2本。
「浅野川と犀川を 示しています」
さすが金沢商工会議所。

しかし表示が無いので、
気が付かない人も多そう。

2階の壁面の飾りです。
炭素繊維と金箔。
最先端と伝統。

さりげなく組み合わせた
おしゃれなデザインがまた金沢流です。

テラスで森林浴を楽しむ
こともできます。
会議の利用者でなくても
事由に出入り可能です。
縁に恵まれた尾山町、
尾山神社のおかげです。
 
≫ MAPに戻る