2014年11月17日〜21日 金沢市 泉野出町

金沢市泉野出町の旅。
県立泉丘高校の裏の通りです。


携帯電話部品工場で
夜勤明け帰りの男性。
お疲れさまで。

高校まで妹の忘れ物を
届けに来た金大生。

中学校の技術家庭の
木下先生が、誉に似ているそうです。

お目に掛かったら どうぞよろしく。

「葵産業」の手前の
石の橋の上にミカンが
置いてありました。

会社の人も心当たりがなく、
謎です。

公園で秋を満喫。

お散歩中の西村さんと
奈々ちゃんに会い、
「コロッケパンが名物のパン屋さん」の噂を
聞きました。

事件です。
石橋の上のミカンが消失していました。

「葵産業」の濱さんが、
拾って片付けただけでしたが。

近所の庭で実った
ネーブルを誰かが拾って置いたようです。

葵産業は、高校の裏で、
生徒の日頃の様子を学校から聞かれます。

干し柿を吊るしていた 中村さんです。

20日ほど経ったものを
頂きました。

甘くてとろみがありました。
出来は上々です。


大量に積み上げてある
薪を発見。
暖炉かストーブか?

うどんの「加登長」さん。
まさか、かまどで?

薪ストーブでした。

タクシーの燃料タンクの
リサイクル品だそうです。

10年ほど前に導入しました。

「そろそろ火を入れるつもりです」

他に薪の用途は?

「かまどで?
 いいえ、使っていません」。

噂のパン屋さんです。
店員さんに住所を確認してみると…
「金沢市富樫です」

今週は泉野出町なので
来週また来ます。

塀の周りを青と白のビニールテープで
ぐるぐる巻きに。


お留守かと思って諦めかけたら
何と屋根の上に。

作業中のご主人は、
栽培中のミニトマトの枝と蔓を支えるために
張り巡らしています。

12月中旬まで
伸び続けるそうです。


「絵本と石けんの店 宇吉堂」を訪ねます。

外見は普通の民家、中は異空間です。

絵本でぎっしり。
突然の朗読会も。

「なぜ絵本と石けんの店なのですか?」

「衣食住の洗濯に 石けん、
  心の洗濯に 絵本」。
「魂の洗濯に絵です」

ご主人は画家の
ミツル・カメリアーノさん。

泉野出町は広いのに
高校周辺で1週間
終わってしまった…。
 
≫ MAPに戻る