2015年3月30日〜4月3日 金沢市 西金沢

西金沢駅のそばで、
新幹線の高架をくぐり、見つけました。

一般のお宅とは違い、キリコ、カレーの看板。

ただ事ではない!
西金沢の旅の始まり。

大工の小杉さんは
キリコを修復したり、
ミニチュアを作ったりするのはお得意。

お年寄りの施設「めぐみ」の
経営者さんのコレクションを展示。

レコードのコレクションは
5000枚。

蓄音機で「赤い靴」を聴くと
歌声がリアルで感動的。



神社の近くの
内藤さんのお宅では、
庭木にフックが吊るしてあるのが気になって
うかがいました。

ご主人が緻密に考えた
まな板干しでした。

これより枝先では良くない、
絶妙ポイントです。



西南部公民館まで
新中学1年生の東あのんさんと、
安田光玖さんに
道案内を頼みました。

ボーイスカウトの行事で
西南部オリジナルの
伝説の「シロクマ鍋」。

シチューベースで、
素材を持ち寄る鍋で、
20年以上前から行われています。

浅井館長はじめ、
係の方がとても親切。

多数の行事に使える広いホールや厨房。
近隣の方の作品展示もあります。

市営テニスコートの
すぐ前に個人の練習場。

安田さんの学習塾です。
勉強だけではなく、
テニスやさまざまな種目を
ランキングで競います。

よく分からないまま「台跳び」に挑戦。

片足ずつ台に乗せます。
30秒で37回できました。
トップの小学生は、
85回も出来るのです。

西金沢でお住まいでも、
故郷の輪島や穴水を 絶対に忘れない。

小島さんのお宅は、
  「輝く能登」です。
家は輪島の材木を使用。

大工さん、建具職人さん、左官職人さんという
3兄弟の合作の家です。

ご主人はお留守でしたが、
故郷の誇りが感じられます。



卒園式の直後の、
四津(よつ)和奏さん ご一家と
たまたま出会いました。



小さかった娘が
立派に歌を歌い、
お別れの言葉を発表。
ご両親の胸には、
こみあげるものがあります。
和奏ちゃんおめでとう!
4月はピカピカの1年生。

パパやママは とてもうれしくて
ちょっぴりさびしい。


西金沢に春が一杯!
 
≫ MAPに戻る