2015年4月27日〜5月1日 金沢市 高畠


高畠郵便局から住宅街。
昔からの細い道です。


「安原街道」と
「高畠町」の分岐点。


坂井さんのお宅は
フジにとって条件が良かったのでしょう。

鉢から植え替えた後、
ぐんぐん伸びて
ガレージの屋根の上に藤棚が。

ご本人の日本画で
彩られている玄関です。

ちょっとしたギャラリー。

きょうも教室に
出かける直前でした。

「絵は、描いた人が 見られてしまう。
 だから怖い」

と 話す坂井さんは
とても楽しそうです。

建築会社の宮下さん。

お宅の玄関には、額に入った
左官道具の鏝(こて)がありました。

建築会社を営んでいるので、
壁の会社から展示用をもらったそうです。

「校長室」のラベルは、
息子さんが少年時代に 貼ったそうです。

「気安く入るな」という
意味のようです。

いまは事務所です。


高畠神社は立派なお社。
賽銭箱も美しいです。

ご近所に方に聞くと、
ステンレスのカバーがしてあるのは、
防犯のためだそうです。



朝倉さんのお宅は
元・地主さんとのこと。

漆喰の壁が美しいです。

築150年のお屋敷です。

ケヤキの柱や梁は、
釘を使わずに「ほぞ」による組み立て。
漆塗りの天井に、
漆塗りのお風呂も。

鷹狩りに来られた
前田の殿様が使われた
という逸話があります。

お嫁さんの雅子さんは、ピアノの先生です。

木目のグランドピアノを 弾いて下さいました。
パッヘルベルのカノン。

現実を忘れます。


千田さんのお庭です。

チューリップが咲くと、
  「田んぼの時期だよ、がんばって」
と応援しているように見えます。


側溝の上の4つの石を組み合わせたものは、
何なのか。

所有者の高田さんに
うかがいましたら…

 「井筒(いづつ)」です。
井戸の周りを囲むもの。

造園業を営むご主人が
保管しているものです。

いい人、いい旅、
高畠の道でした。
 
≫ MAPに戻る