2015年5月25日〜29日 金沢市 下安原

金沢市下安原口の
交差点の近くにあるのが
「きたがわ美容室」。
最初は何屋さんなのか、
分かりませんでした。
「営業中」の小さい
看板だけがあります。

50年近く営業していて、
地域のお馴染みさんが来られるので、
看板の必要がないそう。

日中の時間の安原は
スイカ栽培で忙しく、営業は暇です。

屋根に金のしゃちほこ。

子安神社は、安産の神様。

加賀藩3代藩主  前田利常以降、
出産のときには 参拝されたそうです。

出産のときに使った藁を
「安藁(やすわら)」と呼び
この町の名前の由来になったそうです。


西村さんのハウスは
100m近くありそう。

でもこの辺りで比べると
規模は「序の口」?

スイカの花の受粉をさせるために、
手作業では大変なので、
ミツバチを飼って
交配をさせているのです。


下安原の方全員が 農家ではないですが、
インテリア事務所の斉藤さんが
親切に教えてくれました。

「集出荷場があるので
  見れば分かります」。

集出荷場の事務所の ホワイトボードに
サンタクロースの絵。

異動された職員の梓さんが
残して行った 置き土産だそうです。

キュウリは、
キズや 曲りの度合いによって、
中央、下、上と、
レーンの置き場所が変わります。

それぞれ行先が違い、
等級分けされます。

複雑に立体交差する レーンの様子は、
SF映画のようです。


下安原のスイカ畑です。

ビニールハウスの海は
絶景です。

発泡スチロールのポータブルイスは
西村さんの知恵です。

軽くて動きやすいし、
作業する時にその場で腰かけられます。

スイカの収穫までは まだ1か月あります。

「いま来ても何もない。タイミングが悪い」

荒川さんの言通り。




「屋号さだまつ」と 書いてある表札は、
薮内さんのお宅だけの ようですが、
屋号の呼び名は 普通に使われるそう。

池村さんのお宅の
屋号は「ちょうすけさ」。

やはり何代か前のおじい様の名前です。

古くて新しくて
実り多い、下安原でした。
 
≫ MAPに戻る