2015年6月29日〜7月3日 野々市市 二日市

野々市市二日市町は、
JR野々市駅そばの、 
大型店舗や住宅街がある 地域です。


森田さんのお宅の ことじ灯篭は、
お父様の ご趣味だそうです。

庭木にかかるネット。

実がなるのを 鳥から守るという
私の推理は
完全に外れました。

植え替えたツツジは、
デリケートで、
直射日光でも傷むそうで、
日を遮るためのネットを
つけてあるそうです。


北村酒店は、
40年以上 営業してきましたが、
去年までで閉店し、
近所の人が集まれる「ほっとホットカフェ」を
オープンしました。

「2」のつく日に
開店するのが、
二日市町らしいです。

利用料は100円で、
セルフサービスです。

ご主人の北村成人さんは、
直射日光を避けるため、
帽子を新調しました。

東別院に出かける時は、
おしゃれなハットにします。


二日市町にある
不思議なモアイ像。

行き止まりの道の途中、
駐車場の一角にあります。
中川昇さんのご趣味。
中国製2体と日本製1体。

およそ20年前、
お仕事の建設会社の前に置いていたものを
移設したそうです。
北陸新幹線のルートが 見えます。

  「娑婆も変わったなあ」

と思っているのでは。


元・北村酒店には、
意外なお宝が保管されています。

荒川神社の修理に伴い、
一時的に社殿の宝物を
倉庫に置いてあります。


陶芸家の北岡務さんは、
教室を主宰しています。

日常で使える器類を生徒さんが作って、
素焼きのものが並んでいました。

しかし、アーチストとしての北岡さんは、
不思議な作品を いくつも創作しています。

特にトマトと機械部品の融合は、
一度見たら
忘れないほど印象的。


川の橋でもなく、
陸橋でもなく、
歩道橋でもない橋です。

芝生の地面に 橋が乗っている状態。


「河川予定地」です。

馬場川の支流を導く 予定ですが、
二日市イシバチ遺跡
などを発掘中です。

弥生から古墳時代に
かけての竪穴式の建物が
既に見つかっています。

発掘して安全に
別の場所に移設します。

近所の保育園の
紅谷先生によると
子どもたちは遺跡に
興味津々の様子です。

古代の暮らしの上に
今の暮らしがあることを、
子どもたちは学びます。

時空の町、野々市二日市。

フェンスに網の窓をつけたのが粋だね。
 
≫ MAPに戻る