2015年10月12日〜10月16日 野々市市 菅原町



野々市市菅原町で、
まず目立ったのが、
木造の大きな建物です。

岡田材木店でした。



大工さんに聞きました。

名刹で使われる表具類、
屏風や衝立の下に入れる台車を
製作中ということ。

超一級品のために、台座も特別誂えです。


岡田社長に聞きながら街を歩いていたら、
ベンチに気付きました。

実は岡田さんのご自宅。

当然、休憩しました。。


「やき鳥ぽん太」さんは、
町で25年愛されてきた 焼鳥のお店です。

店内は昭和レトロのポスターが飾ってあり、
懐かしく、癒されます。
炭火で焼く上シロは、
ふわふわで柔らかい上、
焦げ目が香ばしいです。

見せのネーミングは
ご主人の駒井さんのイメージだそうです。
裏にはアケビが実ります。

ご主人流の食べ方は、
「ペっ」と言いながら 勢いよく種を捨てます。

食べ方は人によって様々のようです。



子育て支援センター菅原 を訪ねました。

日中は2歳以下の お子さんとママが多く、
交流の輪が広がります。


部屋のロックが特徴的。

棒1本を2枚の扉に通して、
閂(かんぬき)にします。
古典的でシンプルですが、
万一の危機管理のために、有効ですよ。

ご自宅の庭仕事中の 竹田さん。

この番組を、
「中央のテレビ局とは 違うところが良い」
と 言って下さいました。

今後の指針になりました。。



菅原団地の取材中、
声を掛けてくださった齊藤さんです。


SMAPや嵐の大ファンだそうです。

お宅を訪ねると、壁一面にポスター。

お孫さんの贈り物であるCDプレーヤーから
「らいおんハート」。

82歳ですが、気持ちはお若いです。



県営菅原団地集会所では、
週2回、「お達者体操」を開催。

80歳代が中心ですが、
50歳代の私も参加させてもらいました。

最初は簡単そうでしたが、
足を空中で回すなど
相当ハードです。

寝て行う体操だけで
15分ほど、その間の休憩は
ほとんどありません。

終わるとすっきりして、
達成感があります。

会長の高田さんは
「みんなでするからできる」と話します。

お達者です。
菅原町!
 

≫ MAPに戻る