2015年10月26日〜10月30日 野々市市 矢作


野々市市矢作では、
藤岡諏訪神社にお参り。

境内にある「盤持石」は
小さいものでも100キロありそうでした。

動かせませんでした。

宮川さん背戸には、
富有柿の木がありました。

68年前に
おばあちゃまが嫁いできたとき植えて、
接ぎ木をしてきました。


八重子さんは、もうすぐ93歳です。

元気の秘訣は、
「いらないことを考えない」
そして「農作業」。


安井さんのお住まいは
30年ほど前に 建て替えましたが、
納屋は昔の建物が 残っています。

細身の木槌は、
何の道具でしょう?

なんとモグラの穴をつぶして退治する、
「もぐら叩き」です。

田んぼの畦に穴が空くと
水が抜け、崩れます。

モグラを捕らえると
お小遣いがもらえました。

また、わら細工を作るために
わらを叩いて 柔らかくするためにも
木づちが使われました。


和田さんのご主人の趣味。

もともと宅配業者さんが
使っていた車を もらい受け、
修理中。



乗り込んでドアをかっこよく
締めたかったのですが、

ファスナーなので、
もたもた、ぐだぐだに。

着座姿勢はタイトで、
エアコンも パワーウインドウも
ありませんが、

シートベルトやワイパーは
ついています。


山原さんのお宅の前で
干してあったのは柿の皮です。

干し柿にした残りの部分を
ダイコンを漬けるときに 使うと、
甘みが増して美味しくなるのです。



写真スタジオ「D2」は
横から見ると納屋ですが
正面はお洒落なデザインの
写真スタジオです。

ご主人がカメラマンで
奥様・慶子さんは
グラフィック加工が ご専門です。

「画像処理したほうが良いのですけど」。


山原伸子さんは、
菊作りを始めて5年です。

温室には大小50鉢以上。
市の文化祭での出番を待っています。

花の高さがそろい、
中央が盛り上がっているのは、
技と丹精の証です。

青空に映えています。
去年の品評会で上位独占。

去年の様子を、
カメラマンの息子さんが撮影しました。

大輪に囲まれて笑顔も咲いています。

菊名人・漬物名人です。
おばあちゃんの漬物は
高校生のさくらさんは 好きですか?

「あまり…」

青空の矢作の散歩道。

いつかきっと、分かる日が来ますよ。
 

≫ MAPに戻る