2015年11月2日〜6日 野々市市 粟田


番組ブログの
「テレ金ちゃんねる」に投稿が。

「塀の上にアートを並べているお宅が、
野々市市粟田にあります。
気になるので取材してくれませんか」

すぐに分かりました。。


拾ってきた石に、絵を描くということを
2年前から始め、
今では 家を取り囲むほどです。

野球選手、ボクサー、イヌ、山、お笑いなど…

統一テーマはありません。

石に魂を入れてやりたいと
描き続けています。

カレンダーの上半分が無地のものを買ってきて
そこに筆ペンで描いた
蒸気機関車、C57も。

迫力と気品のある「貴婦人」。
テレ金ちゃんも
描いてありました。

一番いい場所に飾らせて もらいました。

シンプルでも奥が深いものが
お好きなのでしょう。。

お隣の島村さんの 玄関でびっくり。

ひゃくまんさんの香炉。
ろくろで形を作って、
後で目鼻や手足を付けます。

豪華でかわいい女性らしい作品です。

定年になった後、陶芸教室に参加したら、
夢中になったそうです。

「放送、パスして下さい」
「いいえ、放送します」
「ホント?ちょっと待って」
見せて下さるようです。

見事なひな飾り。

細かい柄は、陶板に 手書きしたものです。

他にも、「赤富士」や「月の砂漠」など、
見せてくれました。。


坂本さんのお宅には 20年ほど前に
取材でお邪魔したことがあります。

6年ほど前に、
ログハウス調の部分を作ったそうです。
気付きませんでした。

お宅の主役は、
6歳の 孫の真唯(まい)ちゃん。


伝言や、短文詩を、
壁に貼っています。

「3時になったら洗濯物を入れて
 衣桁にかけておいて下さい」

味わいのある文字が、
アートになっています。


アーティストの多い
野々市市粟田です。

「福光工房」は、住宅の床板(とこいた)を
作っている会社です。

お父様がご趣味で
壺や木彫作品を作ったり
展示したりしています。

商売のつもりはないそうです。。


奈緒子さんは、 3人姉妹のママです。

末っ子の青葉ちゃんは 6か月です。

自分は一人っ子で
きょうだいの子どもを持つのが夢でした。

車のドア全開で
くつろぐのは杉山さん。

適度な日差しと風があり、
まるでリゾートのようで、
とても気持ちよさそう。

ご主人のこの過ごし方を
奥様は嫌がるそうです。

「家から閉め出されている
 ように近所から見られる」と。

「車内リゾート」のご主人、
運転はお好きでは ないそうです。


野々市市粟田の街角。

ああ幸せだなあ。
 

≫ MAPに戻る