2017年8月7日〜11日 白山市 白山町


白山比盗_社の表参道、
白山市白山町(しらやままち)です。

駐車場で、最初の出会いです。
西村さんは、白山さんからの湧き水で、
「みそぎの水浴び」をして、
服を乾かしていたそうです。

「観音舞」のチームでの参拝でした。

これまでに舞を奉納したのは
小松市の那谷寺や、福井県勝山市の
白山平泉寺などです。
「観音舞」というのは、巫女舞に似ていて、
東洋哲学を生かした舞です。


「おはぎ屋」の福田美智子さん。
貴重なアドバイスを頂きました。
「表参道からお参りして下さい」

境内に近い北参道からもお参りできますが、
表参道から行く意味が、このあと分かります。

おはぎは、あんこは滑らかです。
しかしもちごめは、粒を残しています。

さっくり、あっさりとした
味わい深いおはぎです。

表参道のご神木の老スギの前で
お会いした野村さん。
ご自分が生まれた昭和52年に
天然記念物に指定されたことに
縁を感じているそうです。
資格試験を終えた報告です。
人事を尽くして天命を待ちます。

月に1度以上の参拝友達、
酒井さんと丸川さんは、
中学校時代それぞれ
野球部とソフトボール部のピッチャーとして
活躍しました。

いまは80歳代です。

酒井さんにフォームを披露してもらいました。
中学時代からお付き合いした
わけではありません。

それぞれご家庭を築かれ、
別々の人生を送って来られました。

今度は丸川さんのピッチングフォームです。
お互いお相手を亡くされたあと、
同窓会で再会して、
初めてお付き合いをされています。

白山比盗_社が、
縁を結んでいます。

マイカーで愛知県から一人旅の
加藤こず恵さん。

ご家族のことや、
少しでも成長したご自分のことを
しらやまさんに報告しに来られました。

ご家族で参拝の池端さん一家です。
家族4人の幸せに感謝し、
今後の平安を祈ります。
境内での出会いには、お互いに縁を感じます。

私もお参りをしました。
交通安全のお守りも求めました。

水色のお洒落な建物は、
「神主町公民館」。
この地域は、今は白山町ですが、
「神主町」と呼ばれていた時代があります。

建物の中に入ってみたいのですが、
カギがかかっています。

公民館前にお住まいの南出さんによると

・かつて神社の神主さんが住んでいた。
・町内の「五番組」という地域が神主町。
・建物は役場→保育園→公民館となった。
・カギは南出さんも持っている。
  お宅が公民館の正面なので。

テレビも冷蔵庫も扇風機も、
お宅で使わなくなったものを持ち寄り、
公民館で使っています。

1階の天井に、テレビのアンテナが。
屋根には雷が落ちたことがあり、
室内に吊るしたのではないかということです。

この男性、南出さんは、もとは
白山比盗_社の鳥居の傍にお住まいでした。
神社の駐車場を作るため、
60年ほど前に移転されたそうです。
周辺は比較的新しい住宅街ができています。

氏子代表の北馬さん、
お出かけの予定があるのに、
親切なご対応ありがとうございました。

白山比盗_社の「御日供(おにく)」は、
氏子が毎日交代でお供えをする行事です。
数年に1度、当番が回ってくるそうです。

北馬さんから頂いた落雁です。
数日前の「おにく」の返礼品とのことです。
カメの甲羅の形にウリの花のデザインで、
家運長久、子孫繁栄を表わす
縁起の良いお菓子。

私も縁を頂きました。
旅人にも優しい町。
白山比盗_社のお膝元、白山町。
 

≫ MAPに戻る