ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

恩師の短歌(塚田)


高校時代の恩師に再会しました。「誉のドコ行く?」で能美市徳久町を取材したときのことです。私はバドミントン部と文芸部に所属していて、文芸部の顧問だったのが、村本先生でした。社会の名物先生でした。教職を引退されても、文筆活動はお盛んで、歌集や地域の歴史書を出版されています。優しく穏やかな語り口は当時のままで、懐かしい日々がよみがえりました。
私も高校生時代、短歌を読んでいました。例えば…
「秘密一つ打ち明けられて昼下がり岩陰花の隠れ咲きおり」(誉)
大好きな村本先生の作品から一首。
「苦しみも悩みも生きてあればこそ今日も明け行く白山の峰」(村本剛彦さん)

おみくじ(塚田)

年末に、生中継で気多大社に訪れました。
年始には、個人的にお参りしてきました。
おみくじで、私が気になるのは吉凶よりも「方向(ほうがく)」「旅行(たびだち)」です。
「誉のドコ行く?」で、珠洲市から南下する旅は今年14年目になります。
おみくじの結果は…

「方向…南の方よろし」…やった!最高の内容だ!ばんざーい!

「旅行…災なしさわぐな」…はい。毎回騒いで申し訳ありません。

花を観賞する(塚田)

寒い取材の日でも、花が咲いているとうれしくなります。
ある日の取材で…(写真と文面は関係ありません)

白山市北島町のあるお宅の玄関に、万年青(おもと)と赤い実が生けられていました。
私は勝手にリポートしました。
「新年らしい設えです。緑と赤の対比が印象的です。
上に伸びた葉が主で、底辺を右に支える葉が副でしょう。
清涼感の中に、赤で命の芽吹きを表現したのでしょうか」
翌日、奥様から電話がありました。
「あの生け花は放送しないでください。
孫が倒してしまい、そのままなんです」

値段(塚田)

スタジオに来た、かわいいイヌを抱っこしていて、衣装のシャツの袖をかまれて穴が出来てしまいました。真っ青になりました。

借り物の衣装なので、弁償をする必要があります。通常なら、プロデューサーに事情を説明して番組の経費として認められるか検討します。しかしこのシャツは、「誉のドコ行く?」の取材でも使えそうな柄でした。「自分で買って持っておこう」と思いました。
ただ一つ、気になるのが、値段です。場合によっては、痛い出費になります。スタッフから脅されました。
「塚田さんが着る衣装は、きっと高いですよ」
「中身が高いなら衣装も高いはずです」
「1万円くらい覚悟ではないですか」
「きっと一流ブランドですよ。3万円クラスではないですか」
スタイリストさんに事情を話し、お詫びしました。
息を整えました。覚悟を決めました。質問しました。

「おいくらでしょうか」
「980円です」

 

 

このページのトップへ