ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  イベント  >  つたえよう美しき森  >  石川県内の巨樹・桜「白山市・楢本神社のケヤキ(産乃樹) 」

石川県内の巨樹・桜「白山市・楢本神社のケヤキ(産乃樹) 」

楢本神社のケヤキ(産乃樹) 


楢本神社のケヤキ(産乃樹)  (白山市指定天然記念物) 白山市柏野町1番地 楢本神社
白山市上柏野町はJR松任駅から南西に直線で約4キロ、国道8号を小松方面に向かい宮丸町南交差点を左に曲がると300メートルほどで上柏野町に辿りつき、楢本神社は町の入り口のような場所にある。
神社の参道を進んでいくと拝殿に向って左前にあるのがこのケヤキ。白山市指定天然記念物の登録名は楢本神社のケヤキだが、境内には「産乃樹(ウンノキ)」と書かれた石碑がある。現地の案内板によると昔から「ウンの木」と呼ばれ、別名「産みの木」「海の木」とある。また、古老の話として「往時この木の高所に紅白の布旗を竿で縛り、遠く日本海の漁船が進路位置の目印にしたという」とあり、このあたりがこの木の名前の由来であろう。環境省の巨樹巨木林データベースによると、幹周7.7メートル 樹高33メートル。地上約2mで3つに分岐したが、2つの枝は枯れて今は1本だけ。根元に大きなウロがあるが樹勢はよい。旧松任市でもっとも巨大な樹であり、樹齢は1000年と推定されている。

このページのトップへ