ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ
HOME  >  番組案内  >  いしかわ大百科  >  2022年度  >  『食べて健康~カラー野菜』

番組案内

いしかわ大百科

2022年度

 いしかわ大百科

12月11日(日) 7:00〜7:30
シリーズ・未来を創る人たち④
『食べて健康~カラー野菜』

◆◆◆ふるさとの遺伝子を探る30分◆◆◆

その品揃えの豊富さから町内外のお客さんが集まる道の駅「織姫の里なかのと」 栄養・機能性に優れた「カラー野菜」は直売所の看板商品です。

2014年オープン。当初は、沢山の人で賑わった「織姫の里なかのと」でしたが4か月を過ぎると客足はパタリと止まりました。原因は仕入れの多さと品目の少なさ、そして道路を挟んだ向かい側には大型スーパーも・・・倒産寸前の正念場という、正にその時に経営を任されたのが当時の駅長だった田中雅晴さん。「健康を売る」という信念のもと、ファイトケミカルが豊富なカラー野菜の販売をするため生産者を募りました。タネ代や苗代を半額補助し自ら試作して美味しさも確認、また現在も続いている生産者との勉強会を立ち上げるなどカラー野菜の普及に尽力。8名からスタートしたカラー野菜の生産者は現在41名に。現在は取れたてのカラー野菜が次々に直売所に運びこまれ、道の駅の看板商品から中能登町の特産品へと成長しました。道の駅、奇跡の復活の陰にはカラー野菜に賭けた町の人々の思いがあったのです・・・

写真
「織姫の里なかのと」の看板商品
写真
中能登町特産「カラー野菜」
写真
やわらかくてみずみずしいキャベツ「初恋」
写真
手で皮がむける赤かぶ「もものすけ」
写真
そのまま食べてもおいしい!
写真
鮮やか!カラー野菜のサラダ
写真
道の駅で無料でもらえるレシピ
写真
織姫にの里なかのと元駅長・田中さん

いしかわ大百科

【OA】日曜 午前7:00~7:30 ≫≫≫「ぶんぶんセブン」「弦哲也の人生夢あり歌もあり」と週替りで放送
【リポーター】平見夕紀

このページのトップへ