ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

ご挨拶(塚田)

私、塚田誉は、足の治療で2か月ほどお休みをいただくことになりました。以前の交通事故とは別の、また元気に歩くための治療です。「誉のドコ行く?」は、放送を続けます。また元気になって戻ってきます!

ロケの日、9月25日はちょうど誕生日でした。
定年が見えてきましたが、元気に歩き続けます。

ヤギ事件報告(塚田)

(事件2の現場。手前がヤギのマユ、奥がユキ。)


現場1:小松市滝ヶ原町
当事者甲:ヤギのアニス 当事者乙:塚田誉
状況:乙がインタビューの最中、甲が接近。乙の腰についていたワイヤレスマイクのケーブルを甲が噛み切ったもの。音声が途切れる場面が放送された。

現場2:小松市瀬領町
当事者甲:ヤギのマユ 当事者乙:塚田誉
状況:乙がリポート中、甲が接近。乙に角を突き立てる。甲が押し出されてリポートを中断した場面が放送された。

再発防止策:町でヤギを見たら、近づかないようにする。

デザートのお皿(塚田)

ある日曜日の朝、娘から電話がありました。
 「金沢のレストランに予約したから、夫婦で行っておいで」とのこと。
娘は、学生最後の年から一度も里帰り出来ず、東京で就職しました。社会人になって初めて、両親にリモートでプレゼントをしてくれたのです。
 おいしいランチコースの最後に、チョコレートでメッセージを描いたプレートが登場しました。「育ててくれてありがとう」。
 どこで覚えたのか、こんな演出を。
 ありがとう。

ホマキンソンの憂鬱(塚田)

生放送のスタジオでは様々なことが発生致します。
例えば、丁寧にディスプレイしたスイーツが、
アップで撮影されている最中に、倒れるという不調法でございます。
紹介役の執事ホマキンソン、思わず叫んでしまう失態も重なりました。
背徳の館から出られない事情があり、
助手に任せるしかないもどかしさの中、
あまりの恥ずかしさに、穴があったら入りとうございました。
「テレ金ちゃん」の中で突然始まるコーナーでございますので、
見逃さずお付き合い下されば幸いでございます。
ええ、よく言われます。この話し方が鼻に付く、と。

このページのトップへ