ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

父のギャラリー(塚田)

蒔絵師の父は83歳でした。
最期の十日間は、本人の希望に沿って、父のギャラリーの隅にベッドを据えました。
作品の管理とギャラリーの運営をするよう、私に命じました。
そこで、まず通夜と告別式で、父の個展を開きました。
本格的な運営は将来のことになりますが、父の作品のホームページを作りました。
https://www.officehomare.com/

 

CLOSEDとOPEN(塚田)

山中塗の蒔絵師である父・外志男(83歳)は、2017年に
自分のアトリエギャラリー「漆廊(くろう)」をオープンしました。

息子は全く畑違いの仕事ですが、大きな共通点があります。
「人に見てもらう仕事」ということです。
それにも関わらず、父の姿勢は、
私にはどうにも理解できません。
館内は見せるというより詰め込んであり、
しかも年中CLOSEDでした。

「お父さん、せっかくギャラリー作ったのに
CLOSEDはおかしいやろ」

「忙しいんや。同時進行で3作品やっとる」

「締め切りあるわけじゃないやろ。
OPENにして人を招いたら?」

「お前、やってくれ」

「こっちかって仕事あるんや。
お父さんは、若い人に見てもらって、
教えたいって言っとったがいね」

「人が来たら教える。誰も来んわ!」

CLOSEDにしとるさけ来んのや!」

こんなやりとりを3年続けてきました。
職人とか芸術家という方々は、
どなたもこういう調子なのでしょうか。
いまは、毎日ではありませんが
係の方がOPENしてくれます。

アトリエギャラリー「漆廊(くろう)」
加賀市別所町6-1 電話・FAX0761-78-1887

秋空を見上げて(塚田)

秋空を見上げて思い出すことがあります。
1989年秋、ベルリンの壁崩壊が大ニュースの頃でした。若手のアナウンサーだった私は、3歳下の妹の披露宴の司会をさせてもらいました。

私は以前、宮崎県の放送局で働いていました。石川から妹が遊びに来たのですが、私は休みが取れず、かわいそうですが、1日だけ一緒にいてやれませんでした。
仕方無く、妹は観光バスに一人で乗って、名所を周遊してきました。
ほとんどの乗客はカップルでしたが、ちょうど一人で来ている北海道出身の青年と意気投合しました。
それぞれ帰郷後も連絡を取り合い、結婚しました。
いまは、2人の子どもと4人家族で、愛知県で暮らしています。
 もし、一日でも違っていたら。
 もし、バスが一本違っていたら。
 もし、私が休みを取って妹に付き添っていたら。
 いまの妹家族は存在しません。

「誉のドコ行く?」の取材で秋空を見上げながら、大きなパワーに潔く任せることにしています。きょうはどんな人に出会わせて頂けますか。

誉の由来(塚田)

「誉」という名前の由来です。

①少年時代、「出藍の誉」という言葉から、「親を超えて立派になれ」という意味であると、父から聞きました。

②20歳になったとき、父がこう打ち明けました。「以前、『出藍の誉』の話をしたが、あれはウソだ。当時、ドラマに勝呂誉と島かおりが出ていたので、兄に誉、妹にかおりと名付けたのだ」

③40歳代になって、母の故郷の津幡町牛首を取材したとき、誉さんという方に出会いました。上品で優しいその男性は、こんなことを話してくれました。「誉さんのお母さんは、私の名前を息子に付けたと言っていましたよ」
驚いて、母に電話して確認したら「うん。ほうやほうや」
きょうは57歳の誕生日。
父上、母上、ありがとうございます。
次の展開は、もうないでしょうね。

工作と自由研究(塚田)

8月の終わりが近づくと、小学生の頃の工作と自由研究を思い出します。
小学5年生のころ、割りばしを組んでタワーを作りました。
先生から、「作業は細かいが、意味はない」と言われました。
いま考えても、その通りと思います。

小学4年生のころ、こまの模様の見え方の研究をしました。
牛乳瓶のふたを使って実験をしました。
結論は、「いろいろ、さまざまである」
今考えても、その通りと思います。

(平山アナ、笠井アナの工作・研究については、
9月4日放送の「花のテレ金ちゃん」のコーナー「悩めるほまれ」でお伝えします。8月28日から1週延期になりました)

このページのトップへ