ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

ホマキンソンの憂鬱(塚田)

生放送のスタジオでは様々なことが発生致します。
例えば、丁寧にディスプレイしたスイーツが、
アップで撮影されている最中に、倒れるという不調法でございます。
紹介役の執事ホマキンソン、思わず叫んでしまう失態も重なりました。
背徳の館から出られない事情があり、
助手に任せるしかないもどかしさの中、
あまりの恥ずかしさに、穴があったら入りとうございました。
「テレ金ちゃん」の中で突然始まるコーナーでございますので、
見逃さずお付き合い下されば幸いでございます。
ええ、よく言われます。この話し方が鼻に付く、と。

こうして世界は回る(塚田)

自販機でコーヒーを買っていたところ、話しかけられました。
越崎アナ:「塚田さん、僕もコーヒー飲みたいです」

そこでコーヒーをおごったところ、今度は越崎が話しかけられていました。
市川アナ:「越崎さん、私もコーヒー飲みたいです」
そこで越崎がコーヒーをおごっていました。
そうか、世界はこのように回っているのですね。
私のところに回ってくるのは、いつなのでしょうか。

ど根性で(塚田)

庭石を貫いて伸びている木を見ました。
「ど根性モミジ」と思わず叫びました。
放送後、多くの方からご指摘を頂きました。
「塚田さん、あれはモミジではなく、ナンテンですよ」
「あんなモミジがありますか」
こちらでも調べて、翌日「ど根性ナンテン」と訂正しました。
いい年をして、毎回勉強不足です。
皆様のお知恵を借りながら、放送しています。ありがとうございます。
私としては、反省はしても落ち込まず、次のロケに向かいます。
それが私なりの「ど根性」です。


空前のコーナー(塚田)

ご存じでしょうか。
この春からこっそり始まっているコーナー、「背徳ごほうび」です。
「となりのテレ金ちゃん」(月~金 午後3時53分~午後7時)のコーナーですが、普通でないことがたくさんあります。
・普通は多くの人に見て欲しいですが、これはこっそり見て頂きたいです。
・普通は食べて幸せになりますが、これは罪悪感に苛まれます。
・普通は明るいスタジオでプレゼンしますが、これは隠れた場所から伝えます。
 哀れにも見てしまった方々。エスコートは、執事のホマキンソン・ツカタでございます。さあ、罪悪感の奈落へ、ご一緒致します。

楊貴妃に会う(塚田)

満開の「楊貴妃」(兼六園 4月11日)

兼六園のサクラ、楊貴妃を見に行きました。現代美術展を見て、兼六園に立ち寄るのが毎年、定番のコースです。父はもう出品しませんが、それでもいつものように出掛けてきました。

楊貴妃を撮る


重鎮の健在ぶりと、若手作家の息吹も頼もしく、良い休日になりました。人の世は不自由で不安定ですが、
サクラはいつものように咲いてくれています。出し惜しみせず、力を振り絞って
咲いている花は、健気で、やはり頼もしいです。

「自分はいつまで咲けるだろうか」
そんなことを考える花見になりました。


このページのトップへ