ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

染みた鉄板(塚田)

白山市のお好み焼きのお店で、女将さんから、店の鉄板について聞きました。
「この鉄板は40年以上前から使っているんです。
だから味が染みているという人がいるんです。
使わなくなったら、譲ってほしいというんです。
バーベキュー用にしても美味しいから、と」
またまたあ~、そんなことはあるはずないじゃないですかと、思いながら、
お好み焼きと焼きそばを頂きました。
ごつごつとした鉄板にソースが触れて、湯気が上がります。
味は、「誉のドコ行く?」でお伝えしますが、先にこのページで一言だけ。
染みていました!

モーツアルトを歌う(塚田)

「きれいな おとだ なんだろ これは
これまで きいた ことがない」

モーツアルト作曲「魔法の鈴」です。オペラ「魔笛」の曲です。
「風と緑の楽都音楽祭」のプログラムの一つで司会をすることになり、
ソプラノの直江学美さんたちと一緒に歌うことになりました。
恥ずかしながら私はこの曲を知りませんでした。
クラシックで難しいのかと身構えましたが、
何とも簡単で覚えやすく、また美しく楽しい曲でした。
200年以上という歳月や、日本とヨーロッパという距離を超えて、
同じ曲に感動できることを考えると、音楽って良いなあと思います。
写真の一番左が私です。直江先生から言われていたのです。
タキシードとリュックと帽子で来てください、と。

夢のディナー(塚田)

2月最後の日曜日、「夢のディナー」のイベントがありました。
肥料や農薬を使わない食材を使って、一流シェフが腕を振るう、体にも心にも良い、まさに夢のようなディナーの会でした。
東京の三國清三(みくに・きよみ)シェフが手掛けたのは、「石川県羽咋の自然栽培野菜のビーガンスタイル ミクニ風」というメニューです。
手のひらくらいあるシイタケ「のと115」の蒸し焼きに、サトイモ、ニンジン、カブ、ジャガイモ、ケール、大豆などを合わせ、和風の出汁でまとめてありました。美しく印象的なメニューでした。

「ビーガン」とは、進んだベジタリアン料理で、卵や乳製品も使わないものです。
三國シェフなどの尽力で、文化芸術振興法が改正され、国が推進する文化の一つに「食文化」が加えられました。食材が豊富な「食文化県・石川」にとって、意味の深い一歩です。
美しく、美味しそうでした。私は仕事中でしたので、食べませんでした。

雪の壁の迷路(塚田)

2月8日、白山市瀬戸で取材をしました。
路地の雪の壁の高さは2.5mほどあり、見通しがきかず、他の建物も見えなくなるので、方向感覚を失いそうになりました。
多くの方が屋根雪下ろしや雪かきに出ていらっしゃったので、次々に出会いがあり、取材は順調でした。放送は2月19日からの週です。
金沢から現地まで、車での往復に掛かった時間は、6時間以上でした。

このページのトップへ