ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

平安時代の弾き語り(塚田)

父は山中塗の蒔絵師です。変わったことをやっています。
蒔絵のデザインを、パソコンを使ってCGアートにすることです。
ひとつご紹介するのは、源氏物語絵巻「柏木」の巻で、匂の宮が中の君に、琵琶を弾いて聴かせている場面の作品です。天井を取り去った独特の俯瞰図「吹抜屋台(ふきぬきやたい)」を、コンピュータを使って鮮やかに再現しました。
歴史の資料で見たような図ですが、じっくり見て思ったことがあります。


先月、「テレ金ちゃん」特別編「感謝の10年 大反省会」では、私は定食屋さんの主人として、調理服でギターを弾きましたが…
平安時代は、こんな弾き語りをしていたのだなあ。弾きづらそうだなあ。
塚田外志男(つかた・としお)
源氏物語絵巻 錦繡(きんしゅう)蒔絵展
加賀市山中温泉「芭蕉の館」
2019年8月20日まで 午前9時~午後5時

 

 

 

 

 

初収穫(塚田)

生まれて初めて収穫作業をしました。
JAの地域貢献事業の農園「葉っぴーガーデン」です。
ほとんどのお世話は、係の方がしてくれて、
私たちは、苗植えと収穫をすれば良いという、とてもお気楽な、農業入門の企画です。
とはいえ、晴れの日が続くと、畑のオーナーとしては気がかりになります。
休みの日に何度か、じょうろを使いに来ました。

4月に苗を植えたキュウリが、あっという間に大きくなり
2か月すると、収穫できるようになりました。
形はいびつですが、しっかり実が詰まって重いです。
モズクと一緒に酢の物で頂きました。

シャキッとした歯応えが、酸味で引き立ち、涼しくなります。
これまでの人生で、キュウリを気にして食べたことはなかったので、
詫びたくなりました。
おまえ、美味しいじゃないか。気づかなくてすまなかった。

サクラ色(塚田)

サクラの便りが待ち遠しくなってきました。私は、きょうのスタジオでサクラ色のカーディガンを着ました。ところで、わが社のアナウンサーたちは、クールビューティーが多いです。というより、私の前ではクールになるのかもしれません。

一人目
「塚田さん、きれいな色ですね」
「ありがとう」
「色をほめただけです」
「…」

二人目
「塚田さん、サクラ色ですね」
「色をほめてくれてありがとう」
「サクラ色と言っただけです。ほめてもいないです」
「…」

 

このページのトップへ