ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

Telekin Blog

テレ金ちゃんねる

テレ金ちゃんねる

CLOSEとOPEN(塚田)

山中塗の蒔絵師である父・外志男(83歳)は、2017年に
自分のアトリエギャラリー「漆廊(くろう)」をオープンしました。

息子は全く畑違いの仕事ですが、大きな共通点があります。
「人に見てもらう仕事」ということです。
それにも関わらず、父の姿勢は、
私にはどうにも理解できません。
館内は見せるというより詰め込んであり、
しかも年中CLOSEでした。

「お父さん、せっかくギャラリー作ったのに
CLOSEはおかしいやろ」

「忙しいんや。同時進行で3作品やっとる」

「締め切りあるわけじゃないやろ。
OPENにして人を招いたら」

「お前、やってくれ」

「こっちかって仕事あるんや。
お父さんは、若い人に見てもらって、
教えたいって言っとったがいね」

「人が来たら教える。誰も来んわ!」

CLOSEにしとるさけ来んのや!」

こんなやりとりを3年続けてきました。
職人とか芸術家という方々は、
どなたもこういう調子なのでしょうか。
いまは、毎日ではありませんが
係の方がOPENしてくれます。

アトリエギャラリー「漆廊(くろう)」
加賀市別所町6-1 電話・FAX0761-78-1887

この記事へのコメント

  1. 塚田 誉

    きょうこさん、 コメントと素敵な一句をありがとうございます。 よく言えば「アーチスト気質」なのでしょうか。 「作品を作ることしか考えない」。

  2. 塚田 誉

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。 分かりにくいところなので、 分かりやすく教えてあげて下さい。 それにしても奇特な方もいらっしゃるのですね。

  3. 山ちゃん

    一二か月前だったか、漆廊の場所訪ねて来られた方がいましたよ !

  4. きょうこ

    こんばんは、塚田さん。塚田さんのお父様は山中塗の蒔絵師なんですね。お父様は蒔絵制作に一生懸命なんだな~とブログ見て思いました。時々、係の人がオープンにしているようですね。「頑固でも 蒔絵制作 いそしんで」

コメントをどうぞ

あなたもコメントを書き込んでみませんか? (^▽^)
公開前に番組スタッフが内容を確認させていただきます。 m(._.)m
公開まで時間がかかる場合もありますが、どんどん書き込んでくださいね。 d(^0^)b
メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です